取り組み・活動

  • HOME
  • 取り組み・活動

災害復旧活動の支援

阪神淡路大震災における復旧作業

県内で台風などによる災害が発生した場合は社内一丸となって被災地の復旧作業に全力を尽くします。
また1995年1月17日阪神淡路大震災が発生した際には、岡山県LPガス協会と協力して、1月23日に救援物資やガス供給再開のための要員、機材を準備し被災地に向かいました。 その時は、緊急支援物資、運搬車、緊急車、要員の支援等にあたりました。
緊急支援物資として、
LPガス:2キロボンベ140本、5キロボンベ217本、8キロボンベ85本
ミニクック:56セット、1口コンロ:400セット、カセットコンロ:168台、カセットボンベ672本
4トン車では水200リットル入りポリ容器300本
を用意しました。
災害が発生してないときでも、岡山県LPガス協会と協力して防災訓練等への参加を積極的に行っております。

PAGETOP