総合研究所

  • HOME
  • 総合研究所

研究部門は昭和63年(1988)年にスタートし、現在は総合研究所としてライフサイエンス研究部門と新エネルギーシステム開発部門を有し、研究の成果を事業に役立てることを目的としています。


研究のテーマ

  • ○シイタケ及びキクラゲなど食用きのこの栽培システムと新品種開発
  • ○薬用きのこの研究開発
  • ○加工食品・健康食品などの開発
  • ○未利用木質バイオマスの活用(廃菌床リサイクルを含む)

研究成果

生キノコ

◯生産管理技術 (品質と生産性の向上)

農林水産省等の補助事業により、省エネかつ高品質のキノコ菌床栽培の管理技術を確立しています。また、菌床の材料である木質及び栄養体を厳選・管理、水までも分析をし、安全性を確認しています。生キノコの素になる種(菌)は、ロット管理しています(関連補助事業:*2,*5)。

◯育種

野生株を採取し、自社オリジナルのキノコを作るために種となるキノコ菌を研究しています。

◯未利用木質バイオマスの活用(廃菌床リサイクルを含む)

岡山県産の未利用木質バイオマス(針葉樹の間伐材等)をキノコ栽培用の培地(菌床)に利用する技術を開発しました。自然と森を守るという意味でCSRに繋がり、岡山県産木質を原料とするキノコは地産地消になると考えています(関連補助事業:*2,*4,*5)。

健康食品

◯シイタケ

キノコ類ではシイタケに特異的に含まれるエリタデニンに着目し、これを高濃度に含む粉末とドリンクを開発しました。エリタデニンは動物実験で血漿中のLDL(悪玉)コレステロールを下げる効果が報告されており、現在当研究所のサンプルの効果効能について詳しく調べています(関連補助事業:*2,*4,*5)。また、天日干しシイタケに豊富に含まれるビタミンDと骨形成(骨を強くする)についても研究課題としています。

◯ヒラタケ

キノコ抽出物がヒト血小板に対して、強力な凝集抑制作用を示すことをin vitroの実験で検出、血栓溶解(血液サラサラ)の効果を期待し、商品化(ドリンク及び顆粒)しました(関連補助事業:*6)。

◯ヤマブシタケ

ヘリセノンとエリナシンという物質が含まれ、動物実験でこれらが神経成長因子NGFの合成促進が報告されている。認知症予防の観点から、研究開発を発展し商品化しました(関連補助事業:*6)。

◯ハナビラタケ

グルカンを豊富に含んでおり、抗腫瘍効果の面から研究開発中(関連補助事業:*6)。

研究補助・事業認定等(最近のもの)

◯経済産業省

→地域産業資源活用事業計画 (平成24年度- 5年間):*1

(三宝産業株式会社)
関連URL; http://www.chugoku.meti.go.jp/info/press/h24/1001_1.pdf

◯農林水産省

→新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業委託事業(平成22−24年度):*2

→総合化事業計画(6次産業化)(平成24年度- 5年間):*3

(三宝産業株式会社)
関連URL; http://www.maff.go.jp/chushi/press/ke_zigyo/pdf/121031-01.pdf

◯岡山県

→きらめき岡山創成ファンド支援事業(平成23−24年度):*4 

→岡山バイオマスイノベーション創出補助金(平成24−25年度):*5 

◯玉野市

→玉野市ものづくりチャレンジ支援事業補助金(平成18-19年度、平成23-25年度):*6

体制

  • 総合研究所(所長)
  • ○ライフサイエンス研究部門(研究員2名、補助作業員)
  • ○新エネルギーシステム開発部門(研究員1名[兼任])

研究業績等

共同研究等

  • ○岡山大学大学院
  • ○九州大学大学院
  • ○東京農業大学
  • ○産業技術総合研究所

PAGETOP